読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限Ⅰ

アグニ・ヨガ叢書『無限Ⅰ』の英訳から日本語訳したものです。

15

 人は、誤りの暗闇と真理の壮大さのいずれかを選ばなければならない。時代を経て断言された理解を、霊は選ぶ決心をするだろう。低い次元から同じ低い次元へと掛かっているとても低いアーチをくぐって行くのはふさわしくない。たとえ私たちが最も低い門の扉を再びノックせねばならないとしても、どうしてエネルギーを無駄にできようか。砂漠で浪費せず、達成の頂上で美しい庭園に行くために君の霊を準備せよ。

 それぞれの人に、進化の道を飾ることが定められている。それぞれの人に、空間の思考の助けが定められている。無限の宝物庫は、宇宙エネルギーの理解の中に入り込んでゆく人それぞれに開いている。

 君たちの惑星である地球の層に染み込んだものを発見しても喜びはない。天秤の皿の片方に、すべての怒りの悪徳、臆病、裏切り、偏見、偽善、独りよがりの現れを置こう。もう一方の皿にサイキック・エネルギーの推進力、直知識、賢人たちの契約の断言、根源の神聖さ、盾への感謝、知識の獲得、無限が開いた道の途上でぐらつかないことを置こう。

 人間の自我(エゴ)の本質を過程(プロセス)*として定義したのが主なる仏陀であったことから、私たちはこの「獅子」の教義を受け入れねばならない。日常生活で君たち自身を永遠の運動という概念に慣らし、暗闇の隠れ場所にとどまるな。創造性は創造的なエネルギーを引き寄せる。したがって、宇宙の火花を注意深く見よ。

 無知と無限の輝きのいずれかを選ぼう!

 

 

*自我は十二縁起を繰り返す過程の中で生きている。

広告を非表示にする